記念誌への寄稿

情報学科数理工学コースでは,1959年(昭和34年)の数理工学科設置から60周年を記念して,数理工学教室創設60周年記念誌を発刊いたします.

皆様におかれましては,是非,この記念誌へご寄稿頂きますようお願い申し上げます.京都大学数理会会員(名誉教授をはじめとした旧教職員,卒業生,現教員)に限らず広く数理工学に関心のある方々からの寄稿を歓迎いたします.原稿の内容は,数理工学での思い出,ご自身の近況,今後の数理工学の発展・期待など,ご自由にお選びください.

ご寄稿は,次の項目を本ページ下の入力フォームにてご提出ください.

  1. 連絡用メールアドレス:記念誌には掲載しません
  2. 執筆者名
  3. 学部または大学院の入学年度(旧教職員および現教員の方は不要です)
  4. 勤務先(旧教職員および現教員の方は不要です)
  5. タイトル
  6. 本文 1,000~1,500文字程度(段組みなしのA4,1ページに掲載)

募集期限:8月31日(土)まで

なお,記念誌は紙媒体でのみ作成し,インターネット上では公開いたしません.また,寄稿者ならびに10月26日開催の記念シンポジウム&パーティの参加者には記念誌を配布いたします.

掲載の採否は,編集委員会が決定します.編集委員会から,寄稿文への加筆,削除及び一部書き直しなどを求める場合があります.また,編集委員会の責任において多少の字句の訂正をすることがありますので,あらかじめご了承ください.

記念誌編集委員会(編集責任者 青柳富誌生,山下信雄)


当サイトのプライバシーポリシーについて

数理会は、当サイトで収集した個人情報について、同意していただいた目的以外での利用及び第三者への提供は行いません。また、ご本人から個人情報の開示・訂正・削除の申し入れがあった場合はすみやかに対応いたしますので、数理会事務局<suurikai_office@kuamp.kyoto-u.ac.jp> までご連絡をお願いいたします。

当サイトの著作権規程について

著者として,上記原稿が「数理工学 誕生60周年記念誌」に掲載された際は,その著作権を京都大学数理会に譲渡します.また,以下の項目について点検した結果,このまま出版されても問題がないことを確認しました.これにも関わらず,記載内容に関する反論等が出版後に寄せられた場合には,著者の立場で責任を持って対応いたします.

① 執筆原稿そのものあるいはその一部と本質的に類似した箇所がある著作物はありません.

② 出版物や情報媒体からの引用による記述は, 参考文献の引用や出典の記載などによって, その記述箇所においてすべてそのことを明らかにしています.

③ 図・グラフ・写真なども含め, 他の著作物の著作権を侵害するような記述はありません.

④ 写真や画像に,肖像権を侵害する恐れのあるものはありません.

⑤ 執筆原稿は, 京都大学数理会以外の出版物への公開を予定していません.

⑥ 執筆原稿の掲載について, 著者の所属機関のしかるべき権限を有する者の同意を得ています. あるいはこの種の同意を得る必要がありません.

⑦ 差別的な用語・表現,およびそのように受け取られる可能性のある記述はありません.

⑧ 作成段階も含め,執筆原稿の内容は,個人情報保護法,その他法令には抵触しておりません.

以 上